ベランダの防水工事で知っておきたいこと!

沢山の工法がある防水工事

防水工事にも様々な種類があり、それぞれの工法でメリット・デメリットが存在しています。もし、防水工事を検討しているなら、まずはどの防水工事の工法が人気なのかをチェックしておきましょう。

防水工事で人気の工法ランキング

作業員
no.1

FRP防水工法

FRP防水工法は繊維強化プラスチックを利用した工法で費用対効果が高いことから多くのご家庭から選ばれています。施工の品質も高く、工期も短くて済むために、ベランダの防水工事にはオススメでしょう。

no.2

ウレタン防水工法

新築を除いて最も防水加工で主流と言われている工事がウレタン防水工法です。ウレタン防水工法にも種類があり、通気緩衝工法、密着工法などが代表的でしょう。工期が短くてコストが少ないというのが利点です。

no.3

シート防水工法

塩化ビニール樹脂シートや合成ゴム系シートなどを利用するシート防水工法は紫外線や熱に対して強く、優れた耐候性を備えています。こちらも短期間で安価に工事することもできるため、人気の防水工法です。

no.4

アスファルト防水工法

アスファルトと言えば、道路の地面みたいな硬いイメージを持つかと思いますが、アスファルト防水工法はゴムのようなシートを使用します。このアスファルト防水工法は海外でも広く普及し、人気が高い防水工法になります。

no.5

トーチ工法

アスファルトシートをあぶりながら下地に密着させていくトーチ工法は歴史ある防水工法になります。トーチ工法を改良した自社施工法を開発している会社もあり、以前よりも注目されるようになりました。

ベランダの防水工事で知っておきたいこと!

手

防水工事の業者選び

ベランダの防水加工が劣化することで、雨漏りの原因になる可能性もあります。そのため、住宅を守るためにも防水工事が必要と言えます。防水工事に対応している業者は今や全国各地に存在しています。ネットなどの情報から信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

ベランダ

防水工事の保証について

防水工事の保証に関してはいくつか種類があり、防水層材料メーカーの保証、施工業者が提供している保証、元請け会社の保証など、それぞれで保証期間やサービスが異なります。そのため、防水工事を依頼する際には保証期間やサービスについて事前に確認しておきましょう。

ベランダの防水工事の流れ

ベランダ

お問い合わせ

ベランダの防水工事をご所望される場合、電話・ファックス・メールなどからお問い合わせください。そこで現地調査の日程をお客様のスケジュールに合わせて決めていきます。

現地調査

日程通りに調査スタッフがご自宅に訪れ、ベランダの状況を確認し、最適な防水工事のプランを考えていきます。そのプランのお見積りをご提示して頂き、ご納得ができたら契約成立となります。

作業開始

当日、施工スタッフがベランダの下地処理から防水コーティングまで丁寧に行います。ベランダの規模や使用する塗料によって工期は異なりますので、事前に聞いておくといいでしょう。

お引き渡し

コーティング、保護塗料を塗布し、作業が終われば最終チェックに移ります。スタッフがお客様と共に仕上がりに問題ないかを確認し、不満点などがなければ、工事は終了です。

広告募集中